富山市は17日、保険年金課の職員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。職員は窓口業務などを担当していたが、来庁者対応はアクリル板を隔て、マスクを着用して行っており、感染拡大の可能性は小さいとしている。

 市によると、職員は14日まで勤務し、16日午後に発熱、17日未明に検査で陽性が判明した。軽症で、県が同日発表した20人には含まれていないとみられる。勤務場所を同日消毒した。職員の性別や年代などは公表していない。

 職場内の濃厚接触者は職員2人で、市はこの2人を含む同課の18人を自宅待機とし、検査する。同課の窓口業務は一部縮小して継続する。

無断転載・複製を禁じます