富山県は17日、県内で新たに20人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県東部の学校で県内59例目のクラスター(感染者集団)の発生が確認された。県によると、学校の教室内でのクラスターは県内で初めてという。

 この学校で感染したのは、同じクラスの生徒7人で、13日に1人、14日に3人、16日に3人の感染が判明した。変異株「オミクロン株」かどうかは分かっていない。同校では、玄関と各教室での手指消毒や窓の開放、マスク着用など感染対策が講じられていた。

 県は陽性者と接触した可能性のあるクラスメートら生徒29人、教職員13人にPCR検査を実施し、生徒27人と教職員全員の陰性を確認した。残る生徒2人は調査中。県によると、同校は当面、このクラスを学級閉鎖するという。

 新たに感染したのは、富山、高岡、滑川、立山、上市の各市町の10歳未満~70代の男女で、症状は軽症か無症状だった。県内の累計の感染者数は5118人となった。

無断転載・複製を禁じます