富山県立大は16日、工学部生2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1人は14日、もう1人は15日に判明。濃厚接触者の看護学部生1人と工学部生2人が自宅待機している。

 同大射水キャンパスは大学入学共通テストの試験会場となっていたが、感染した学生と濃厚接触者が昨年12月29日以降に同キャンパスに立ち入っていないため、影響はなかった。同大は、体表面温度を自動測定できるサーマルカメラや消毒液の設置など、感染防止対策を取った上で、17日から対面授業を実施する。

無断転載・複製を禁じます