13日夜から14日未明にかけ、富山、石川県境の国道8号で生じた最大16キロの渋滞は、通行止めとなった北陸自動車道から下道(したみち)に車が流れたのが要因とみられる。中日本高速道路などは昨年大雪で立ち往生が発生した経緯から、ちゅうちょなく道路を規制する方針で、今回も迅速に高速道路の通行を止めた。

 しかし、冬用タイヤ未装着の車もあり、坂が続く「県境の難所」で動けなくなる車両が頻発。物流網でもある道路の規制には降雪量などの基準がなく、雪道対策の難しさが浮き彫りとなった。

 「県境付近では1時間で50メートルほどしか進まず、立ち往生を覚悟した。無事に帰ることができてよかった」

 13日夜、国道8号の渋滞に巻き込まれた小矢部市の会社員男性(56)は胸をなで下ろした。男性は野々市市の勤務先へ通勤しており、この日は自宅に帰るまで3時間掛かった。

 13日夜、中日本高速道路は、北陸道で雪にはまった車が出たことから、当初は想定していなかった金沢森本-砺波IC間を通行止めとし、並行する国道に車が多く流入したとみられる。

 石川県や金沢河川国道事務所によると、13日夜、国道8号、359号で動けなくなった車の多くが県外ナンバーでノーマルタイヤだったという。県によると、特に急な坂道が多い国道359号で通行できなくなる車が相次いだ。今後、タイヤの使用状況について調査するとした。

無断転載・複製を禁じます