大阪・ミナミの繁華街を歩くマスク姿の人たち=14日午後

 濃厚接触者と待機期間

 政府は、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」感染者の濃厚接触者が待機する期間に関し、警察や保育、介護など、社会機能維持に必要な「エッセンシャルワーカー」に限り、待機6日目の検査で陰性なら解除できる方向で最終調整に入った。関係者が14日、明らかにした。現在の待機期間は14日間で、職種は自治体が指定する。

 エッセンシャルワーカー以外の一般の人は、14日間から10日間に短縮する案で検討に入った。

 オミクロン株の感染急拡大に伴い濃厚接触者も急増。社会経済活動に不可欠な人材が確保できない恐れが強まり、専門家の意見を踏まえ待機期間を短縮。危機回避を目指す。

無断転載・複製を禁じます