右から山野之義氏、馳浩氏、山田修路氏

  ●告示直前まで続投「培った経験、県政に」 金沢市長選も号砲

 2月24日告示、3月13日投開票の石川県知事選で、山野之義金沢市長(59)=3期=は13日、市役所で会見し「培ってきた経験を県政に生かす。思いを県民に伝えて審判を仰ぎたい」と正式に出馬を表明した。新型コロナ対応のため、告示直前まで市長を続ける意向も明言した。知事選には自民党の馳浩元文部科学相(60)、山田修路前参院議員(67)が順に出馬表明しており、保守系3氏による混戦に突入する。山野氏の後任を選ぶ金沢市長選も事実上の号砲が鳴った。

 山野氏は会見で、馳、山田両氏にはない強みを問われ、「民間で働いた経験がある。市議、市長としての経験も力として選挙に臨みたい」と強調した。

 自民党県連に協力を求めるかどうかに関しては「県連としては一つの区切りが付いているのではないか。現段階で推薦願を出すことまで考えが及ばない」と述べ、慎重な姿勢を示した。

 山野氏の正式出馬表明を、馳、山田両氏は冷静に受け止めた。

  ●馳氏「思い伝える」

 能登の保育施設を回った馳氏は「山野さんはふるさと金沢への愛情が深い」と述べ、自身への影響については「有利、不利を考えていたら選挙に出られない。自分の思いをしっかり伝える」と力を込めた。「コロナ対策など、常に状況が動く中で方針を考えていく必要がある」とも語った。

  ●山田氏「訴え変えず」

 金沢市内の企業を巡った山田氏は「山野さんの判断を尊重する。私はこれまで通り自分の政策を訴えていく」と話した。「今までの取り組みを変えることは全く考えていない」とし、山野氏に「コロナ感染者が増える中、首長としてしっかり対応してほしい」とエールを送る場面もあった。

 山野氏が今月22日以降に辞職すれば、後任を選ぶ金沢市長選が知事選と同日に行われる可能性がある。13日は、以前から市長選出馬が取り沙汰されてきた県市議らが情報交換や情勢分析を急いだ。

 山野氏は会見で後任の市長について問われ、県と県庁所在地の首長の連携は欠かせないとした上で「市長は市民が決めることであり、特に(誰が就くかという)イメージはない」と答えた。

 知事選には、共産党県委員会などで構成する「憲法を生かす新しい県政をつくる県民の会」が、月内の独自候補擁立を目指して準備を進めている。

無断転載・複製を禁じます