氷見署は9日、氷見市内の50代女性が特殊詐欺(架空請求)の被害に遭い、現金668万9千円をだまし取られたと発表した。今年の富山県内の特殊詐欺被害で最高額となった。

 同署によると、11月25日、女性の携帯電話に知らない番号の着信があり、電話をかけたところ、男から「アダルトサイトの会員料金を払っていないので払ってほしい」「滞納すれば法的措置をとる」と言われた。信じた女性は同日から今月3日にかけて複数回にわたり、氷見市内の複数のコンビニエンスストアから指定口座に振り込んだ。

無断転載・複製を禁じます