8日、米カンザスシティーで演説するバイデン大統領(UPI=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は8日、政府が購入する車両を、2035年までに電気自動車(EV)などの走行時に温室効果ガスを出さないゼロエミッション車に限定する目標などを盛り込んだ大統領令に署名した。政府施設については、45年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにすることを目指す。

 米政府は自動車とトラックを計60万台保有している。ホワイトハウスは、ゼロエミッション車への切り替えで「ゼロエミッション車と電池を供給する米産業の能力向上を加速させ、雇用を創出し、維持することができる」との声明を出した。

無断転載・複製を禁じます