最終日、18番でウイニングパットを沈め、ガッツポーズの谷原秀人。通算12アンダーで優勝=東京よみうりCC

 初の賞金王に輝いたチャン・キム=東京よみうりCC

 日本シリーズJTカップ最終日(5日・東京よみうりCC=7023ヤード、パー70)昨年と統合された今シーズンの最終戦。43歳の谷原秀人が首位から3バーディー、2ボギーの69にまとめて通算12アンダー、268で逃げ切った。今季2勝目、通算16勝目で賞金4千万円を獲得。

 賞金トップで大会に臨んだ31歳のチャン・キム(米国)は通算2オーバーの22位。今季獲得額約1億2760万円で初の賞金王に輝いた。

 68で回った宮里優作が通算10アンダーの2位。66をマークした金谷拓実が9アンダーの3位に入り、今季賞金は約1億1980万円で2位となった。

無断転載・複製を禁じます