高岡ゆかりの商品を品定めする来場者=さいたま市大宮区の東日本連携センター(高岡商工会議所提供)

 高岡商工会議所の「富山県高岡のうまみとたくみフェア」は4日、さいたま市大宮区の東日本連携センターで始まり、来場者に高岡ゆかりの海産物や郷土食、伝統工芸品の魅力をアピールした。

 同会議所が「ものづくりのまち・高岡」を首都圏にPRしようと初企画した。ホタルイカの肝醤油で食べる刺し身やかぶらずし、ますずしが販売され、地酒と刺し身などをセットにした「美味プレート」が人気を集めた。自由に曲げることができる「すずがみ」などの工芸品も並び、クラフト体験も行われた。5日まで。

無断転載・複製を禁じます