【ニューヨーク共同】1日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発して始まり、午前10時現在、前日比297・80ドル高の3万4781・52ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数も反発し、167・05ポイント高の1万5704・74。

 前日に大幅下落した反動で値上がりするのを狙った買いが先行した。米給与計算サービス大手ADPの雇用指標が市場予想を上回ったことも投資家心理を支えた。

無断転載・複製を禁じます