新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種を受ける国立病院機構東京医療センターの職員=1日午前、東京都目黒区(代表撮影)

 新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種が1日、全国各地で始まった。原則として2回目完了から8カ月以降の人が対象となり、まずは医療従事者から開始。来年1月以降、高齢者を中心とした一般住民にも順次拡大する方向で、感染拡大防止や重症化予防につなげたい考えだ。新たな変異株「オミクロン株」に対しては効き目が落ちるとの懸念の声があるが、政府は重症化予防などに一定の効果があるとみて接種事業を進める。

 時間の経過とともに感染予防効果が低下し、特に高齢者では重症化予防効果も下がることが明らかになったため、政府は3回目接種が必要と判断した。

 1日午前、東京都目黒区の国立病院機構東京医療センターや愛知県豊明市の藤田医大病院など各地で医療従事者に3回目接種が行われた。

 東京医療センターを視察した堀内詔子ワクチン接種推進担当相は、取材に対し「地域の皆様方が安心して3回目接種に進めるよう努めていきたい」と話した。オミクロン株については「専門家が科学的知見を積み重ね検討しているところだ」とした上で「発症や重症化予防などの効果はあると思う」と述べた。

 また海外では接種間隔を短縮する動きもあるが「(国内では)今のところおおむね8カ月のラインは保つ」と説明した。現時点では2回の接種を完了した18歳以上の人が対象で、1、2回目が終わっていない人への接種も継続する。

  ●まず医療従事者 県内10市町、月内接種

 3回目の追加接種は石川県内でも始まった。2日には能美市立病院で行われる。金沢や白山、七尾、川北など10市町が今月中に接種する予定で、珠洲、能登、宝達志水など9市町は来年1月以降を予定している。当面は2回接種を終えて約8カ月経過した医療従事者が対象となる。

 県によると、珠洲、宝達志水、穴水、能登の4市町は今月中に接種券を送付する予定で、その他の15市町はすでに発送した。

  ●初のオミクロン株確認、濃厚接触者に県民おらず

 県によると、国内で初めて確認されたオミクロン株の感染者と同じ飛行機に乗っていた濃厚接触者70人の中に、県民はいないという。ただ、今後県内でもウイルスが確認される可能性は十分あるとし「状況を注視していく」(健康福祉部)としている。

無断転載・複製を禁じます