雪を背負った立山連峰と水辺でゆっくりと過ごす来園者=富山市の富岩運河環水公園

 28日の富山県内は冬型の気圧配置が緩み、晴れや曇りとなった。日中の最高気温はほぼ平年並みだったが、朝方は寒気の影響で冷え込み、上市0度、富山市中心部2・6度と、全10観測地点のうち魚津と朝日を除く8地点で今季最低を記録した。

 富山市の富岩運河環水公園は好天に誘われた大勢の家族連れらでにぎわった。公園からは前日の降雪で一層と白さを増した立山連峰がくっきりと見え、厚着した来園者が夕日に照らされて輝く峰々を眺めながら冬の到来を感じ取った。

 富山地方気象台によると、29日は引き続き高気圧に覆われるものの気圧の谷の影響を受け、晴れや曇りとなる見込み。

無断転載・複製を禁じます