多くの来場者でにぎわうトランジットモールの会場=富山市の大手モール

 富山市の大手モールで28日、歩行者と路面電車のみが通行できる「トランジットモール」(富山新聞社特別協力)の社会実験が10月に続いて行われ、まちなかの市道に雑貨や飲食などの露店が立ち並び、大勢の家族連れらでにぎわった。試みは市などが2017年から年に複数回実施し、2カ月連続は初めて。今年最後の実験は天候にも恵まれ、活気ある路上に来場者と出店者の笑顔があふれた。

 大手モール振興会などが原則毎月第4日曜に開催している定期市「越中大手市場」と併せて行われ、富山新聞会館前から平和通りまでの約220メートル区間が車両通行止めとなった。市場を含めたイベント全体で約80の団体、店舗が参加し、10月より約20事業者増えたため、区間も20メートル延びた。

 市場には手作り雑貨やアクセサリー、コーヒー、パンなど個性豊かな店舗が集まり、人出が絶えなかった。市場とは別にブースを設ける新規参加団体もあり、JAなのはな(富山市)は野菜の重さ当てクイズやニンジンの詰め放題、地元野菜を使ったカレー、スイーツの販売などを企画し、多くの人を呼び込んだ。自衛隊富山地方協力本部は多目的車両を展示し、陸海空の各隊員の制服を着用して記念撮影できるコーナーが親子らの人気を集めた。

 音楽コンサートや飛び入り参加の卓球大会なども盛り上がった。次回のトランジットモールは来年3月に予定する。越中大手市場は12月12日にも行われる。

無断転載・複製を禁じます