23製品の回収を始めた中新薬業の本社=滑川市内

 医薬品製造販売の中新(ちゅうしん)薬業(滑川市)は26日までに、23製品の自主回収を始めた。国が認めた製造販売承認書と異なる方法で作ったり、記載のない添加物を使ったりしたため。寺﨑正之社長は「8、9月には承認書の記載と製品に差があると把握したが、その後、甘い考えで一部は製造を続けてしまった」と明かした。

 回収対象は多くが配置薬で、かぜや頭痛、歯痛に効果・効能がある。添加物の分量が異なる5製品、記載のない添加物が使われた1製品、使用期限内に承認規格外になる可能性のある8製品などが含まれる。いずれも重い健康被害の懸念はないという。全ての回収には1年以上かかる見通し。

 富山県による10月22日の抜き打ち調査で、製品が承認書通りに作られていないと指摘があった。ただ、それに先立つ8、9月、同社は承認書の記載との差異に気付いていた。本来なら承認書の変更手続きが必要と認識していたが、手続きにも時間や人が必要で、対応を後手に回し、一部の受注製品を作り続けた。

 承認書には20、30年前のものもあり、長く製造する中で少しずつ製造方法や分量が変わったという。

 寺﨑社長は「顧客や取引先に迷惑、心配をかけ、申し訳ない」と陳謝した。

無断転載・複製を禁じます