大相撲九州場所に新十両として挑んでいる東13枚目の朝乃若(佐渡市出身、金市工高OB、高砂部屋)は24日、西十両9枚目の旭大星を破って給金を直した。兄弟子である西前頭10枚目の朝乃山(富山市呉羽町出身、富山商高OB)の教えを守り、この日も会場に入る前にミカンを食べた朝乃若。「ミカンパワー」で白星を重ねて勝ち越しを決めた。

 「いつも通り思い切って。気負わずにいってらっしゃい」。高砂部屋で朝乃山からこう声を掛けられたという朝乃若。取組後のリモート取材には「帰ったら(朝乃山に)おかげさまでって言いたい。少しは恩返しできたかな」と笑顔を見せた。

  ●今場所「2人暮らし」

 今場所は、朝乃山と朝乃若が同室で「2人暮らし」(朝乃若)をしている。朝乃山は疲労回復のため、ミカンを毎日12個食べるよう助言。朝乃若は「ミカンを食べるとリラックスするし、体が煮立ってきます」と語る。

 ミカンはあまり好きではない朝乃若だが、「大好きな朝乃山」の好物とあって毎日食べている。「きょうも帰ったらいっぱい食べます」と宣言し、朝乃山が待つ部屋に帰っていった。

無断転載・複製を禁じます