実況見分を進める署員=24日午前9時20分、高岡市京町

 23日に高岡市京町の税理士越前和彦さん(81)方など3棟を焼いた火事で、高岡署は同日、現住建造物等放火の疑いで、越前さんの長女で同居する無職寧美(やすみ)容疑者(46)を逮捕した。

 逮捕容疑は、23日午後3時ごろ、木造2階建ての自宅に放火し、焼損させた疑い。同署によると、寧美容疑者は「2階の物置か廊下に火を付けたマッチを投げた」と供述し、容疑を認めている。

 寧美容疑者は両親と3人暮らしで、火災発生後、1階にいた和彦さんとともに逃げ出して無事だった。母親は外出中だった。署員が事情を聴いたところ、同容疑者が火を付けたことを認めた。同署は家族間などで何らかのトラブルがなかったかも含め、動機について調べている。

 近所に住む男性(43)は寧美容疑者について「怒りっぽい面があり、家族と言い合いになることもあった」と話した。別の近所の女性(67)は「最近、愛犬が死んだことでショックを受けていたようだ」と述べた。

  ●火元は2階物置部屋

 高岡署と同市消防本部は24日、実況見分を行い、2階の物置部屋の焼損が激しいことから、火元との見方を強めた。同所には雑誌や段ボールが積まれていた。火事は越前さん方から出火し、隣接するこじま衣料店を経営する小島清美さんの住宅兼店舗、市議の山口泰祐さん方住宅に延焼した。実況見分は25日も行い、焼失面積などを調べる。

無断転載・複製を禁じます