警察庁は4日、高齢運転者対策を盛り込んだ改正道交法を来年5月13日に施行する方針を決めた。免許更新通知が届いた時点から過去約3年間に、信号無視など11種類のうち一つでも違反をした75歳以上に運転技能検査(実車試験)を義務付ける。認知機能検査と講習も組み合わせて、悲惨な事故の抑止を目指す。

 自動ブレーキなど先進安全機能を備えた「安全運転サポート車(サポカー)」が条件の限定免許も同日始まる予定だ。

 警察庁によると、11種類の違反は信号無視のほか、逆走などの違反、追い越し車線などの走行、速度超過、Uターン禁止などの違反、踏切不停止や遮断機内進入、交差点右左折時の違反、交差点進行時の違反、横断歩行者妨害、前方不注意など安全運転義務違反、携帯電話を操作しながらの運転。

 対象者は教習所などで実際に運転して検査を受ける。免許更新期限の半年前から繰り返し受検可能だが、不合格時は更新できない。手数料は3550円とした。

 合格者は記憶力や判断力をチェックする認知機能検査(手数料1050円)へ。認知症の恐れがあると判定された際は医師の診察が必要で、認知症と診断されると免許取り消しや停止となる。認知症でない場合は高齢者講習を受ける。

 講習は安全運転を促す狙いがあり、結果にかかわらず免許更新可能。実車指導付きの講習手数料は6450円、実車指導なしは2900円としている。サポカー限定免許は本人の申請で取得できる。高齢者のほか、運転に不安がある人にも新たな選択肢となる。

無断転載・複製を禁じます