コーヒーの味の違いについて語る小島店主=高岡市古定塚

 高岡本部スタジオの「CAFEくらうんプレゼンツ コーヒー教室」は26日、高岡市古定塚の「カフェくらうん」で開講し、受講生5人がコーヒーの味を決める豆の選別や鮮度について学んだ。

 小島治店主は国内外のコーヒーを飲み歩き、新鮮なコーヒーとの出合いから自家焙煎(ばいせん)するようになったことを語り、「すっきりした味わいの良いコーヒーを作るために、まずハンドピックで欠点豆を取り除くことが重要」と話した。

 コーヒーの味は豆の品質7割、焙煎2割、抽出1割で決まることも説明した。

 教室は来年3月27日まで全6回開かれ、コーヒーの抽出や豆の焙煎を体験する。問い合わせは同スタジオ=0766(26)7000=まで。

無断転載・複製を禁じます