岸田政権発足後初の国政選挙となった参院静岡、山口両選挙区補欠選挙は24日投開票され、静岡は、立憲民主、国民民主両党が推薦した無所属新人山崎真之輔氏(40)の初当選が確実となった。

 山口は比例代表から転出した自民党前職の元経済産業政務官北村経夫氏(66)=公明推薦=が3選確実となった。

無断転載・複製を禁じます