体操の世界選手権は種目別決勝の男子あん馬で萱和磨(セントラルスポーツ)が14・900点をマークし、銀メダルを獲得した。

無断転載・複製を禁じます