鹿児島県・奄美大島の奄美市で開かれた世界自然遺産登録を祝う記念式典=23日午前

 鹿児島県・奄美大島の奄美市で23日、7月の世界自然遺産登録を祝う記念式典が開かれ、登録の認定証のレプリカが島内の5市町村と県に手渡された。奄美空港では「守ろう!世界の宝」とのメッセージを記した特別塗装機3機がお披露目され、豊かな自然の次世代継承を訴えた。

 奄美市の朝山毅市長は「(登録を)ゴールではなくスタートと位置付け、先人の遺産を守っていく」とあいさつ。地元小中学生が、リュウキュウアユの保護活動などの取り組みを発表した。

 本島北部などが共に世界自然遺産に登録された沖縄県の玉城デニー知事も映像メッセージを寄せ、「ますますの連携に期待したい」と呼び掛けた。

無断転載・複製を禁じます