第34期竜王戦7番勝負の第2局で豊島将之竜王(手前)に勝利し、感想戦で対局を振り返る藤井聡太三冠=23日午後、京都市の仁和寺(代表撮影)

 藤井聡太三冠

 将棋の藤井聡太三冠=王位・叡王・棋聖=(19)が豊島将之竜王(31)に挑む第34期竜王戦7番勝負の第2局は22、23の両日、京都市で指され、70手で後手の藤井三冠が勝ち、開幕局に続いて2連勝した。

 藤井三冠は最年少での4タイトル同時保持を目指し、豊島竜王は3連覇が懸かる。第3局は30、31日に福島県いわき市で行われる。

 対局は豊島竜王の序盤戦術に藤井三冠が的確に対応、リードを広げて押し切った。奪取に前進した藤井三冠は「スコアは意識せず、いい状態で臨みたい」。連敗の豊島竜王は「本局は一方的だったので、内容をよくできるようにしたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます