第145回北信越高校野球大会は23日、長野県松本市野球場で準決勝が行われ、第1試合で星稜(石川1位)が富山商(富山3位)を5-4で下し、決勝進出を決めた。春の甲子園の出場枠は北信越が2で、決勝進出で出場が有力となった。

 星稜は4回に7番津沢の左前打で1点を先制し、6回には6番荒木の本塁打で1点を追加。7回には5番角谷が満塁で中前打を放ち、2点を加えた。富山商は8回に2点を返したが、星稜は9回に5番角谷の二塁打で追加点を挙げた。富山商は9回に2点を返して粘りを見せたが、あと一歩及ばなかった。

 決勝は24日午前10時、松本市野球場で試合開始となる。

【試合結果 星稜(石川1位)-富山商(富山3位)】

【関連記事 小松大谷惜敗】

【試合結果 敦賀気比(福井3位)-小松大谷(石川2位)】

無断転載・複製を禁じます