自動ドアで遊ぶヤギ=21日、金沢市打木町(田中昭文堂印刷提供)

  西署が保護、無事戻る

 金沢市打木町の田中昭文堂印刷で21日朝、2匹のヤギが玄関前に現れた。ヤギは金沢西署に保護され、同日夕方に飼い主の近所の70代男性が引き取った。田中昭文堂印刷は紙がある倉庫のドアを閉めヤギを見守り、ヤギの好物とされる紙への「被害」はなかった。

 同社によると、21日午前7時ごろ、自動ドアの前で後ずさりしたり、近づいたりするヤギを社員が見つけた。金沢西署に通報し、署員が保護し、ワゴン車で同署に運んだ。

 飼い主の男性が自宅庭のヤギがいないことに気付き、同署に連絡して引き取った。男性は除草のためにヤギを飼っており、柵を越えて逃げ出したとみられる。現在は元気に庭の草を食べているという。

 田中昭文堂印刷の田中俊也副社長(60)は「思わぬ珍客だった。飼い主の所に無事に戻ってよかった」と話した。

無断転載・複製を禁じます