井口監督のサインとドラフト会議の入場パスを手にする速水内野手=高岡市長慶寺

 プロ野球ドラフト会議でロッテから育成2位指名されたBCリーグ・富山GRNサンダーバーズの速水(はやみず)将(しょう)大(た)内野手が22日、高岡市長慶寺の球団事務所で、榎康弘チーフスカウトとサンダーバーズ球団代表兼編成部長の永森大士ロッテBC担当スカウトから指名あいさつを受けた。速水選手は「応援してくださる方に勇気を与えられるような選手になりたい」と決意を表明した。

 榎チーフスカウトは「野球センスが高く、バランスの取れた選手で特に守備や走塁が魅力的。体が大きくなれば打撃も期待できるような選手になると思っている」と評価する。

 井口資仁監督のサインが書かれた色紙とボール、ドラフト会議のIDを受け取った速水選手は「自分の持ち味の守備で活躍し、まずは支配下登録を目指して頑張りたい」と意気込んだ。

 速水選手は入団1年目の愛知県出身で身長174センチ、体重67キロ。今後、契約を結び、来年1月の新人合同自主トレに参加する予定。

無断転載・複製を禁じます