岩井さん(中央)の指導を受けてシュート練習する児童=小矢部市蟹谷小

 車いすバスケットボールの体験教室が21日、小矢部市蟹谷小で開かれ、東京パラリンピックの車椅子バスケットボール男子で銀メダルを獲得した岩井孝義選手ら講師4人を迎え、5年生32人が障害者スポーツの魅力に触れた。

 砺波人権擁護委員協議会と富山地方法務局砺波支局の人権教室の一環で企画された。富山県車椅子バスケットボールクラブから岩井選手のほか、高田淳一、円山真一、安田武志の3選手が訪れた。

 児童は車いすの操作を学んで、シュート練習などに取り組み、4試合に挑戦した。林蓮太郎君(11)は「シュートが難しかったけど、車いすで移動しながらパスするのが楽しかった」と声を弾ませた。

 岩井選手は「車いすの動かし方を知っている児童も多かった。まずはスポーツの楽しさを知り、競技への興味を深めてほしい」と話した。

無断転載・複製を禁じます