石川県内の3選挙区には14日時点で自民3人、立民2人、共産2人、維新1人の計8人が立候補を予定している。

 1区は自民前職が出馬せず、新人4氏が争う。自民の小森卓郎氏(51)、立民の荒井淳志氏(27)、共産の亀田良典氏(72)、維新の小林誠氏(44)が準備を進めている。

 2区は立民が公認候補を擁立できておらず、自民前職の佐々木紀氏(46)と共産新人の坂本浩氏(57)の一騎打ちが濃厚となっている。

 3区は自民前職の西田昭二氏(52)と立民前職の近藤和也氏(47)が激しく争う。

無断転載・複製を禁じます