住宅が全焼した現場を調べる捜査員ら=14日午前、甲府市

 甲府市の住宅が全焼し、住人の井上盛司さん夫婦とみられる遺体が見つかった放火事件で、同居する娘への傷害容疑で逮捕された甲府市内の少年(19)が、指を骨折するなどの大けがをしていたことが14日、山梨県警への取材で分かった。南甲府署捜査本部は、少年が井上さん宅に侵入後、夫婦と争いになり、もみ合った際に負傷した疑いがあるとみて、詳しい状況を調べる。

 火災は12日未明に発生。捜査関係者によると、少年は同日夜7時ごろに県内の駐在所に出頭した際、顔をやけどし、手にテーピングをまいていた。捜査本部の説明では、小指を骨折し、腱が断裂していた。

無断転載・複製を禁じます