受賞候補団体の取り組みを確認する委員=高岡市内

 第70回県農村文化賞(県、富山新聞社主催)の現地審査は13日始まり、運営審査委員が書類審査を通過した受賞候補6団体のうち、3団体の活動状況を確認した。

 委員を務める県農林水産部の野尻直隆参事ら6人が高岡、南砺市内の3カ所の団体を訪ねた。それぞれの代表者から、農村の景観保全や農産物の特産化、後継者確保の取り組みなどについて聞き取った。

 20日に富山市、魚津市、立山町の3団体を訪問した上で最終審査を実施する。受賞団体は11月中旬ごろに富山新聞で発表する。

無断転載・複製を禁じます