公式練習で調整する鍵山優真=北京・首都体育館(共同)

 公式練習で調整する坂本花織=北京・首都体育館(共同)

 【北京共同】フィギュアスケートの北京冬季五輪テスト大会を兼ねたアジアンオープントロフィーは14日、北京の首都体育館で開幕する。13日に公式練習が行われ、男子の鍵山優真、佐藤駿と女子の坂本花織、三原舞依の日本勢4人が調整した。

 昨季の世界選手権2位の鍵山は「五輪会場の雰囲気をしっかり感じながら集中し、いい演技ができるよう頑張りたい」と意気込み、18年平昌五輪代表の坂本は「ホテルもリンクも感染対策を徹底していて、安心して過ごせる」と話した。

 大会は新型コロナ対策のため、選手や関係者を外部と接触させない「バブル方式」を採用。選手らはオンラインで取材を受けた。

無断転載・複製を禁じます