【ロンドン共同】英下院は12日、政府の新型コロナウイルス対応を検証した報告書を公表した。昨年、感染が急拡大した初期段階で速やかにロックダウン(都市封鎖)に踏み切らず、死者の増加を招いたと指摘。公衆衛生を巡る問題で「英国が経験した最も重大な失敗の一つ」と批判した。

 英国の新型コロナ感染による死者数は累計約13万8千人に上り、欧州では最多。

 英政府が都市封鎖を導入したのは、欧州の周辺国でも感染被害が深刻化していた昨年3月下旬。報告書は、政府の諮問委員会が感染対策を協議し始めてから既に2カ月が過ぎていたとし、対応の遅れが「誤り」だったのは明白だと結論付けた。

無断転載・複製を禁じます