ひゃくまん穀の新米を手に取る買い物客=25日午前10時半、白山市のイオン白山店

 石川県産米の新品種「ひゃくまん穀(ごく)」の新米が25日、県内のスーパーなどで一斉に発売された。待ちわびた来店者が大粒で食べ応えのある新米を次々と買い求めた。

 イオンモール白山(白山市)のイオン白山店では、特設売り場に2キロと5キロ入りの赤い袋と、5種類の新味が登場したおにぎりがずらりと並んだ。

 市場デビュー5年目となるひゃくまん穀は、ふっくらとした大粒で、冷めてもおいしいのが特長。初回は約150トンを出荷した。2021年産米の作付面積は前年より2割増の約1700ヘクタールとなり、総出荷量は4割増の1万トンを見込む。

 米卸の米心石川(金沢市)は新米発売に合わせておにぎりをリニューアルした。新味「大野たまり醤油(じょうゆ) 和風ツナ・マヨ」や「能登豚生姜(しょうが)焼き」などが登場した。もち麦を交ぜたおにぎりや、おはぎもある。

 12月末まで商品に付いているシールを25点分か50点分を専用はがきに貼って応募すると、オリジナル箸かひゃくまん穀2キロを贈るキャンペーンも行う。

無断転載・複製を禁じます