厚生労働省(中央合同庁舎第5号館)=東京都千代田区

 内定取り消し人数の推移

 厚生労働省は22日、今年3月に卒業した高校生や大学生の採用内定取り消しが、8月末時点で136人(37事業所)だったと発表した。うち、新型コロナウイルスの影響によるものが124人(25事業所)と9割を占めた。2020年3月卒業の211人(82事業所)に比べると減ったものの、2年連続で100人を上回っており、高止まりの状態が続いている。

 内定取り消しは解雇に相当し、客観的で合理的な理由がない場合は無効になる。他に入社時期を遅らされた学生も157人いた。厚労省が全国のハローワークを通じて集計した。

無断転載・複製を禁じます