閣議に臨む(左から)茂木外相、菅首相、麻生財務相=17日午前、首相官邸

 中国が環太平洋連携協定(TPP)への加入を正式申請したことに関し、日本の関係閣僚から17日、他の参加国と連携しながら対応していくとの発言が相次いだ。閣僚級会合「TPP委員会」の議長を務める西村康稔経済再生担当相は閣議後記者会見で「極めて高いレベルのルールを満たす用意ができているかどうかしっかり見極める必要がある」と述べた。

 茂木敏充外相は閣議後会見で、他の参加国と相談しながら「戦略的な観点も踏まえて対応する必要がある」と指摘。麻生太郎財務相は「新規加入できる状態ですかね今の中国は、と単純に思う」と語った。

無断転載・複製を禁じます