岸信夫防衛相は15日、北朝鮮の短距離弾道ミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)の内側に落下したと推定されるとの分析結果を防衛省で記者団に明らかにした。日本政府は当初、EEZ外に落下したとみられると発表していた。

無断転載・複製を禁じます