見守られながら横断歩道を渡る児童=15日午前7時35分、小松市串小前

 小松市串小前で15日朝、同校と市教委、小松署合同で登校する児童の見守り活動を行った。署員ら6人はのぼりを掲げてドライバーに注意喚起し、児童に横断歩道を渡る際は手を挙げるよう呼び掛けた。

 6月に千葉県八街市で児童が下校中に死傷した事故を受け、小松市教委や同署などは、市内の全22小学校と小中一貫の義務教育学校1校の通学路を点検した。串小正門前の市道は道幅が狭く車の通行量が多いことから今回、合同で交通事故防止を啓発した。

無断転載・複製を禁じます