ピースサインをする118歳で世界最高齢の田中カ子さん=13日午前、福岡市(福岡県提供)

 「老人の日」(15日)を前に、118歳で世界最高齢の田中カ子さん=福岡市東区=に対し、福岡県が13日、お祝いのコチョウランとメッセージカードを贈った。県によると、市内の老人ホームで受け取った田中さんはピースサインをして喜んだ。

 カードには服部誠太郎知事からの言葉として「記録を日々更新され、県民に長寿への希望と喜びを与えています」と記されていた。職員が内容を伝えると、田中さんはうれしそうにうなずいていたという。

 田中さんは1903年、福岡県和白村(現福岡市)で誕生。2019年にギネスワールドレコーズ社から、男女を通じ「存命中の世界最高齢」に認定された。

無断転載・複製を禁じます