男子 最終ラウンド、18番でバーディーパットを外し、悔しそうな表情の松山英樹=霞ケ関CC

 男子 最終ラウンド、4番グリーンを歩く松山英樹(右)=霞ケ関CC

 男子ゴルフで優勝し、金メダルを獲得した米国のザンダー・シャウフェレ=霞ケ関CC

 ゴルフ男子の最終ラウンドで、松山英樹は銅メダルを懸けたプレーオフの1ホール目で敗退した。5バーディー、3ボギーの69で回り、通算15アンダーの269で並んだ7人で争った。首位で出たシャウフェレ(米国)が通算18アンダーで金メダルを獲得した。1打差のサバティーニ(スロバキア)が銀メダル。

 星野陸也は5バーディー、ボギーなしの66と伸ばし、通算6アンダーの278で38位だった。

無断転載・複製を禁じます