30日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=109円台半ばで取引された。

 午前10時現在は前日比32銭円高ドル安の1ドル=109円54~55銭。ユーロは24銭円高ユーロ安の1ユーロ=130円16~20銭。

 前日に発表された4~6月期の米実質国内総生産(GDP)が市場予想を下回ったことで米国の金融緩和が続くとの観測が強まり、日米の金利差縮小を見込んだ円買いドル売りが先行した。

 市場では「新型コロナウイルスの緊急事態宣言拡大による影響に注目したい」(外為ブローカー)との声があった。

無断転載・複製を禁じます