男子66㌔級決勝で攻める阿部一二三(左)と、女子52㌔級で優勝しガッツポーズの阿部詩(右)=日本武道館

 東京五輪第3日の25日、柔道男子66㌔級で兄の阿部一二三(あべ・ひふみ)(23)=パーク24=と女子52㌔級で妹の阿部詩(あべ・うた)(21)=日体大=がそろって優勝した。日本オリンピック委員会(JOC)によると、兄妹による金メダル獲得は五輪で日本初の快挙。

 兄の一二三は早くから「東京五輪の星」として期待され、妹の詩も追うようにして成長した。2018年世界選手権で兄妹同日優勝を果たし、今大会も同じ日に試合を迎えた。先に妹が決勝を制すると、兄も負けじと頂点に。2人一組で注目を浴びた地元開催の大一番で、そろって力を発揮した。

 女子52㌔級では日本で初めての金メダル。男子66㌔級では04年アテネ、08年北京と2連覇した内柴正人以来の栄冠となった。

無断転載・複製を禁じます