世界で最も影響力を持つ環境活動家、グレタ・トゥーンベリ。その力強いスピーチで、人々の心を動かしてきた彼女の素顔に迫ったドキュメンタリー映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』(原題:I AM GRETA)が10月22日より日本で公開されることが決定した。

【動画】「生物多様性の日」についてのグレタさんの動画

 2018年8月、気候変動に対する政府の無関心に抗議するため、15歳のグレタはたったひとりでストックホルムにある国会議事堂前に座り込み、学校ストライキを始めた。自作の看板を掲げ、リーフレットを配りながら通行人の質問にも丁寧に答えるグレタ。毎週金曜日に行っていたこの行動は「Fridays For Future(未来のための金曜日)」と名付けられ、世界中の若者たちにも次第に浸透。たったひとりで始めたストライキは、数ヶ月のうちに国内外へ広がる一大ムーブメントになっていった。

 その後、2019年にニューヨーク国連本部で開かれた気候行動サミットで涙ながらに強く訴えたスピーチでグレタはさらに世界的な注目を浴びる存在となっていく…。2019年のフォーブス誌にて“世界で最も影響力のある女性”に選出、同年のタイム誌でも“今年の人”として紹介された。

 本作は、気候問題に関する専門的知識と揺るぎない覚悟を持ち、国連総長アントニオ・グテーレスやフランスのマクロン大統領、ローマ教皇など世界のリーダーらと議論を重ねていく様をもっとも身近なところで寄り添うように捉えていくと同時に、世界から注目を集める1年以上前から彼女に密着し、犬や馬と戯れるリラックスした姿のほか、アスペルガーの症状について冷静に自身で分析する姿、重圧と向き合い葛藤する姿、彼女の様々な行動を支える家族の姿も映し出す。

 本作の公開に対して、グレタは「とにかく私たちが社会に求めているのは、気候変動を危機として捉え、安全な未来を守ってほしいということだけ。映画を観れば、その実現までどれ程遠いのか、“もう時間がない”という科学的なメッセージが全く伝わっていないということも分かってもらえるはず」と、コメント。

 真っ直ぐなメッセージと行動力で、環境活動家のリーダーとして若者から称えられる一方で、強い口調と怒りに満ちあふれた表情により強烈なイメージを与え、反感や偏見を持たれることも少なくなくないグレタ。彼女は世界から注目される状況をどう感じたのか。何のために、たたかうのか。私たちはこれからその思いにどのように向き合い、生きるべきか。SDGsへの関心が高まる今こそ観て、深く思いを巡らせるべきドキュメンタリー。

ドキュメンタリー映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』(原題:I AM GRETA)10月22日より日本公開決定 (C) 2020 B-Reel Films AB, All rights reserved.  

無断転載・複製を禁じます