台風6号の予想進路(22日0時現在)

 大型で強い台風6号は22日、発達しながら沖縄の南を西寄りに進んだ。24日にかけて非常に強い勢力で先島諸島にかなり接近する見込み。動きが遅く、暴風や大雨、高波の時間が長くなる。気象庁は土砂災害、浸水、河川の増水などに厳重に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、台風が最接近する時期は宮古島地方が23日昼すぎ、八重山地方が同日夕方から夜の初めごろの見通し。猛烈な風で一部の住宅は倒壊する恐れがある。

 23日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄45m(60m)、奄美15m(25m)。波は沖縄11m、奄美6m。

無断転載・複製を禁じます