学校法人稲置学園(金沢市)は21日、星稜高野球部の部員6人が新型コロナウイルスに感染し、県からクラスター(感染者集団)と認定されたと発表した。これを受け、夏の甲子園出場権を争う第103回全国高校野球選手権石川大会への出場を辞退した。同校は22日に準々決勝に臨む予定だったが、相手校の遊学館が不戦勝となる。

 【関連記事 部員涙、保護者「悔しい」】

 星稜高ではこのほか、2人が新型コロナに感染した。

無断転載・複製を禁じます