参加賞Tシャツを着て富山マラソンの完走メダルを紹介する担当者=富山県庁

 富山県は21日、11月7日開催予定の富山マラソン2021(富山新聞社後援)で、フルマラソンの完走者に渡す「完走メダル」やタオル、参加賞のTシャツのデザインを発表した。

 メダルは、この大会でしかランニングすることができない新湊大橋をデザインし、完走した喜びと一緒に富山の風景も記憶に残してほしいとの願いを込めた。直径60ミリ、横50ミリ、厚さ5ミリ、重さ約50グラムで、鋳物メーカーの能作(高岡市)が製作する。

  タオル、Tシャツも

 タオルは立山を背景にライチョウを配置した。タナックス北陸支店(富山市)が製作を担当する。新湊大橋と剱岳のイラストをあしらったTシャツはゴールドウイン(本店・小矢部市)が手掛ける。「富山マラソンEXPO」でランナーから回収したTシャツを利活用して環境に配慮した。

無断転載・複製を禁じます