市民経済常任委員会では、市側は新型コロナウイルスの経済対策として、市内の対象店舗の利用者に買い物に使えるポイントを付与するキャンペーンを、9月に実施する方向で準備を進めていることを明らかにした。

 市が昨年10、12月にスマートフォン決済「ペイペイ」加盟店で実施した非接触型決済ポイント付与キャンペーンの第3弾となる。水口秀治氏(自民クラブ)が質問した。

 市側は今年度のキャンペーンについて、高齢者も分かりやすく利用できるように、ショッピングセンターに相談窓口を設ける考えを示した。竹田秀人氏(同)がただした。

 このほか市側は、今年1~6月の市内3観光案内所の観光客数が1万7273人で、昨年同期比で横ばい、一昨年同期比で半減となったことを説明した。蓮沼晃一氏(同)が尋ねた。

無断転載・複製を禁じます