巨人のジャスティン・スモーク内野手

 巨人のジャスティン・スモーク内野手(34)が近く米国に帰国することが17日、関係者の話で分かった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で米国在住の家族が来日できておらず、本人が球団側に退団を申し出たという。

 米大リーグ通算196本塁打の実績を誇る両打ちの強打者で、今年1月に巨人と2年契約を結んだ。コロナ禍で来日が大きく遅れたものの、4月27日に1軍に昇格すると、主に5番打者として34試合に出場し、打率2割7分2厘、7本塁打、14打点だった。

 13日のロッテ戦を欠場し、15、16日は1軍の全体練習にも参加していなかった。

無断転載・複製を禁じます