「スピリッツ」の高校の部で栄冠に輝いた富山第一高A

 第16回北信越チアリーディング選手権(北國新聞社特別協力)は13日、金沢市のいしかわ総合スポーツセンターで行われ、富山県勢は「スピリッツ」の高校の部で富山第一高Aが栄冠に輝いた。

 今年は新型コロナ予防策として、接触の多い技「スタンツ」を大人数で披露したり、演技中に声を出したりできなくなり、持ち時間も短くなった。1チーム3~8人が1分25~30秒間にダンスやジャンプで構成した演技で競う「スピリッツ」など、新しく設定された3競技が行われた。

 富山、石川、新潟、長野の42チーム264人が出場し、軽快な身のこなしや豊かな表情で楽しませた。

無断転載・複製を禁じます