SDGsを題材にしたボードゲームを試す田中市長(中央)と県立大生=南砺市役所

 南砺市は、県立大生の地域協働研究会「COCOS(ココス)」とともに、市民にSDGs(持続可能な開発目標)を楽しく紹介するためのボードゲームを完成させた。市内の小中学校や義務教育学校、図書館に配られる予定。ココスの学生4人が8日、市役所に田中幹夫市長を訪ね、ゲームの内容を説明した。

 ゲームは1~6人が参加できる。参加者は鉛筆型のさいころを転がしてこまを進め、お金や人材を表す資源チップを集めながら、ゴールを目指す。途中には環境、社会、経済いずれかの分野の専門家になれるカードを選んだり、プロジェクトを実行したりといった場面がある。

 鉛筆型さいころやこまは市産材で、作られ、ボードを彩るイラストは井波地域在住の漫画家・森みちこさんが担当した。

 国から「SDGs未来都市」に選定されている南砺市が昨年6月、包括連携協定を結んでいる県立大にSDGsを分かりやすく発信する方法を相談し、ココスを紹介された。なんと未来支援センターの協力を得ながら、1年がかりでボードゲームを仕上げた。

 平野勇心代表(県立大機械システム工学科3年)は「幅広い世代が楽しめる。SDGsと南砺市の魅力を知ってもらいたい」と話した。ゲームを試した田中市長は「特殊詐欺に引っ掛かったり、地域社会から孤立したりして、面白い。若いアイデアがあっていい」と述べた。

無断転載・複製を禁じます