メンバーズカードを手にする関係者=入善町入膳の観音湯

 入善町入膳の銭湯「観音湯」と同町舟見の温泉宿泊施設「バーデン明日(あけび)」は22日から、「ランニング&サイクリングステーションin入善」事業を開始する。ランニングなどを楽しんだ後に風呂で汗を流してもらい、コロナ禍の中での健康、体力づくりを後押しする。

 利用希望者は500円でメンバーズカードを取得する。受付でカードを提示し、立ち寄り入浴料を支払う。ロッカーに荷物を置き、着替えてランニングやサイクリングに出掛け、戻ってから入浴する。事業に協力するアサヒ飲料のペットボトル飲料が1本提供される。

 観音湯は、昨年11月に町の若手経営者でつくる合同会社善商(ぜんしょう)が復活させた。善商の設立11周年を記念し、バーデン明日と共同で新事業を企画した。善商の浜田雅弘代表社員は「コロナ禍で自宅で過ごす時間が増える中、リフレッシュに役立ててほしい」と話した。往復20キロや5キロのモデルコースも策定した。

無断転載・複製を禁じます